商品シリーズ

自分に合った貸借商品を選ぶ

超短期借入金

先に利息その後に元金を返済し、一括に日利を支払い、貸付締日に元金を返済する。

超短期貸付は短期内に資金繰りを必要とするユーザーに適しており、借金期間は日割り計算で、最初の貸付で利息を一括に支払い、貸付締日に元金を返済し、早めに貸付を終われせることもできる。

60

最長貸借期間

200,000
$

最高貸借限度額

短期借入金

先に利息その後に元金を返済し、月ごとに利息を支払い、貸付締日に元金を返済する。

は中短期間内に資金繰りを必要とするユーザーに適しており、借金期間は月割り計算で、最初の貸付で1ヶ月目の利息を支払い、その後暦月ごとに利息を支払い、貸付締日に元金を返済し、早めに貸付を終われせることもできる。

12

最長貸借期間

200,000
$

最高貸借限度額

多額貸付

先に利息その後に元金を返済し、年ごとに利息を支払い、貸付締日に元金を返済する。

は長期の資金繰りを必要とするユーザーに適しており、借金期間は年ごとに計算し、最初の貸付で貸付手続き料金を支払い、その後暦年ごとに利息を支払い、貸付締日に元金を返済するが、早めに貸付を終われせることができない。

3

固定貸借期間

22,000,000
$

最高貸借限度額

貸借の流れ

私たちはどのように働いているかを知る?

1
デジタル資産をVCBANKプラットフォームまで送信し質入する
2
貸借に成功し、貸手はユーザーに資金を支給する。
3
ユーザーは期日どおりにVCBANKに利息を支払う。
4
貸借期間終了後、VCBANKはユーザーが質入した通貨の全額を返す。

つなぎ資金 デジタル資産を売って払う必要がない

ますます多くの人がデジタル資産に触れ、デジタル資産を持つようになっている。デジタル資産自体に価値があるため、長期的な投資に値するが、デジタル資産をデジタルウォレットに入れるのは実にもったいない。特にちょうどお金が必要なときに、長く蓄えたデジタル資産を売り払わなければならず、ひいては価格が谷底まで暴落された時に仕方なく売り払わなければならない。今はユーザーがつなぎ資金を必要とする時に、デジタル資産をVCBANKに質入し、より多くの遊休資金を得て資産運用を行うことができて、デジタル資産に投資したり、各種の商品を購入したり、資金をもっと機動的に使える。

① 登録してVCBANK会員になる

② デジタル資産をVCBANKのプラットフォームアカウントに移動する

③ 自分に合った貸借サービスを選び、貸借を行う。

④ アカウントの財務センターにアクセスし、現金の引出しを申し込む

⑤ 貸手は借金金額を借手の指定口座に入金する

⑥ 期日通りに利息と元金を返済し、貸付終了日にデジタル資産が解凍される

VCBANK優勢

急速な申し込み、最短1時間に入金される

貸付が早い

便利でスピーディーであり、急速に入金され、短期借入金は最短1時間に入金される。

利息が低い

先に利息その後に元金を返済し、毎月利息だけを返済すればいい。

限度額が高い

短期借入金は最大20万ドルで、長期借入金は最大2200万ドルである。

担保掛け目が高い

多種類の通貨による担保貸付をサポートし、最大担保掛け目が貨幣価値の75%に達している。

信用調査なし

デジタル資産があれば、信用審査の必要がなく、すぐに貸付できる。

VCBANK

路線図

2018-08

VCBANK 内部ベータ版

2018-09

VCBANK1.0公衆版

2018-10

VCBANK収益の初共有

2018-11

VCBANK APP 1.1 公衆版

2018-12

VCBANK 1.2 公衆版

2019-02

VCBANK APP 1.2 公衆版